TOP > 役場各課の連絡先 > 税務課 > 住民税係 ●軽自動車税について
■税務課 住民税係
●軽自動車税について


○軽自動車税とは
 軽自動車税は、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車及び2輪の小型自動車を所有している人に課税されます。

○納税義務者

 軽自動車税の納税義務者は、毎年4月1日(賦課期日)現在、川棚町内に主たる定置場がある軽自動車等を所有している人です。
 ただし割賦販売により所有権が留保されている場合は、使用している人を所有者とみなして課税されます。
※4月1日(賦課期日)に所有している方が年度途中(4月2日以降)に廃車・名義変更をした場合でも、その年度の税金は納めていただくことになります。月割分の払い戻しもありません。

○税額

≪原動機付自転車、小型特殊自動車、軽二輪、小型二輪 ≫
車種区分 総排気量 税額
原動機付自転車 50cc 2,000円
50cc超90cc以下 2,000円
90cc超125cc以下 2,400円
ミニカー 3,700円
小型特殊自動車 農耕用 2,400円
その他 5,900円
軽二輪 125cc超250cc以下 3,600円
小型二輪 250cc超 6,000円

 

≪三輪以上の軽自動車税 ≫
 最初の新規検査を受けた日により、旧税率、新税率、重課税率のいずれかの税率になります。
 ※最初の新規検査・・・今まで車両番号の指定を受けたことのない軽自動車を新たに使用するときに受ける検査
車種区分 @旧税率 A新税率 B重課税率
軽三輪 3,100円 3,900円 4,600円
軽四輪以上 乗用 自家用 7,200円 10,800円 12,900円
営業用 5,500円 6,900円 8,200円
貨物 自家用 4,000円 5,000円 6,000円
営業用 3,000円 3,800円 4,500円
@旧税率
 現行税率は、平成27年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両で、新規検査から一定年数(13年)を経過するまで適用されます。

A新税率
 新税率は、平成27年4月1日以降に最初の新規検査を受ける車両で、新規検査から一定年数(13年)を経過するまで適用されます。

B重課税率
 平成28年度以降、最初の新規検査(車検証の初度検査年月)から13年を経過した、環境負荷の大きい自動車に対して、グリーン化を進める目的から、標準税率の概ね20%が加算されます。

 【参考】
  ・平成16年3月以前に最初の新規検査を受けた車両
    →平成29年度から重課税率の対象
  ・平成16年4月以降に最初の新規検査を受けた車両
    →平成30年度から順次、重課税率の対象

 

≪グリーン化特例(軽課)が適用される三輪以上の軽自動車 ≫
 三輪以上の軽自動車(新車に限る)のうち排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいもの、※1〜※3に該当する軽自動車について、平成30年度から平成31年度に限り、初年度課税分のみ軽自動車税を軽減します。
車種区分 75%軽課※1 50%軽課※2 25%軽課※3
軽三輪 1,000円 2,000円 1,000円
軽四輪以上 乗用 自家用 2,700円 5,400円 8,100円
営業用 1,800円 3,500円 5,200円
貨物 自家用 1,300円 2,500円 3,800円
営業用 1,000円 1,900円 2,900円
※1 電気自動車・天然ガス自動車(平成21年排出ガス10%低減)
※2 平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ
   乗用:平成32年度燃費基準+30%達成
   貨物:平成27年度燃費基準+35%達成
※3 平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ
   乗用:平成32年度燃費基準+10%達成
   貨物:平成27年度燃費基準+15%達成

※各燃費基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄に記載されています。


○申告や届出

≪ 原動機付自転車・小型特殊自動車 ≫
原動機付自転車、小型特殊自動車(農耕作業用など)を取得、廃車、名義変更したときは、15日以内に印鑑を持参し申告してください。

※申告先は川棚町役場税務課、もしくは転出先の市(区)町村役場軽自動車税係へ。

・登録および名義変更に必要なもの
 印鑑、販売証明書(譲渡証明書)、車台番号がわかるもの、軽自動車税申告書
 ※( )の中については名義変更の時に必要

・廃車に必要なもの
 ナンバープレート、印鑑、軽自動車税廃車申告書

 ※盗難による廃車の場合は、先に警察署へ盗難届を出し、その後廃車の手続きをおこなってください。
  またこのとき、盗難届を出した警察署名、届出年月日、被害年月日を申告書に記入していただきます。

申告書はこちら   登録・名義変更   廃車


≪ 軽自動車 ≫
軽自動車を取得、廃車、譲渡したとき、又は納税義務者が町外へ転出したときは、
◆佐世保市沖新町5番1号
(一社)長崎県軽自動車協会連合会 長崎事務所佐世保支所
(TEL 050−5540−2084)

もしくは転出先の軽自動車協会等へ。


≪ 2輪の小型自動車 ≫
2輪の小型自動車を取得、廃車、譲渡したとき、又は納税義務者が町外へ転出したときは、
◆佐世保市沖新町5番1号
九州運輸局長崎運輸支局佐世保自動車検査登録事務所
(TEL:050−3816−1756)

もしくは転出先の運輸支局へ。

○県外で廃車、登録変更をしたときの手続きについて
川棚町で課税されていた「佐世保」ナンバーのオートバイや軽自動車などを県外で廃車、住所変更、名義変更などの登録変更をしたときには「税止め」の手続きが必要となります。

税止めの手続きをしないと川棚町で車両の登録状況を把握できないために、軽自動車税が課税され続けてしまうことがあります。特に名義変更の場合は旧所有者に納税通知書が届いてしまい、思わぬトラブルの原因となりますので必ず税止めの手続きをお願いします。
※「税止め」とは、長崎県外で廃車したり、「長崎」「佐世保」以外のナンバーに変更した場合に必要となる川棚町での課税を止める手続きのことです。

税止めの手続きは基本的に自己申告となっていますが、軽自動車検査協会が有料で代行手続きをしています。詳しくは軽自動車検査協会や運輸支局にご確認ください。

・税止めの手続きに必要な書類
自己申告により税止めの手続きをする場合は、受付印のある次の書類のいずれかを役場に持参するか税務課住民税係宛に郵送してください。

 ・軽自動車税申告書
 ・軽自動車税(転出)申告書
 ・車検証返納証明書もしくは届出済証返納証明書のコピー
 ・新ナンバーおよび旧ナンバーの車検証のコピー

○納税証明について
車検を受けるときには納税証明書が必要です。
再発行を希望される場合は、車検証を持参し川棚町役場税務課にお越しください。

○減免について
4月1日(賦課期日)現在、身体障害者等本人の所有または、身体障害者等のために生活を共にする親族が所有する軽自動車等は、軽自動車税の減免を受けられる場合があります。なお、一定の要件、必要書類等がありますので、詳しくは川棚町役場税務課住民税係へお尋ねください。
申請される方は、4月1日以降から納期限(5月31日)までに申請してください。


 
 


川棚町役場 税務課
〒859-3692 長崎県東彼杵郡川棚町中組郷1518-1 税務課直通TEL:0956-82-5413