TOP > 役場各課の連絡先 > 税務課 > ●町県民税・国民健康保険税の申告について
■税務課
●町県民税・国民健康保険税の申告について

※平成29年度より、申告にマイナンバーが必要です! 詳細はこちら

平成29年度町県民税、国民健康保険税の申告時期になりました。
今年の申告受付は2月9日から3月15日までです。
混雑をさけるために下記日程で受付を行いますので、ご協力をお願いします。

○ 申告会場  川棚町役場本館 1階会議室(正面玄関右)
○ 受付時間  8:30〜11:30、13:00〜16:30

○ 申告受付日程

期日 対象地区

2月 9日(木)

公的年金又は給与のみの収入で、所得税還付申告の方

2月10日(金)

2月13日(月)

2月14日(火)

数石 上百津 岩立

2月15日(水)

新町 尾山 琴見ヶ丘

2月16日(木)

新百津 若草 旭ヶ丘 山手

2月17日(金)

城山 下百津

2月20日(月)

地区割当なし

2月21日(火)

栄町 中組 宿

2月22日(水)

2月23日(木)

猪乗 五反田 中山 岩屋

2月24日(金)

石木 川原 木場 上組

2月27日(月)

地区割当なし

期日 対象地区

2月28日(火)

平島1 平島2 平島3 平島4

3月 1日(水)

野口 下組 国病

3月 2日(木)

東白石 西白石

3月 3日(金)

3月 6日(月)

地区割当なし

3月 7日(火)

西小串 惣津 新谷

3月 8日(水)

3月 9日(木)

三越 大崎 東小串

3月10日(金)

3月13日(月)

予備日

3月14日(火)

3月15日(水)


※ 営業等により税務署から申告書等の送付があった方は、税務署で申告するか、郵送また
  はe-Tax等での提出をお願いいたします。
2月9日、2月10日、2月13日は、公的年金又は給与のみの収入で、所得税還付申告の方のみ受付します。
  還付申告であっても、他の所得がある方は、対象地区受付日にお願いします。


【申告しなければならない人】
 平成28年中に、営業、農業、漁業、不動産(地代、家賃、駐車場)、譲渡(収用を含む)、配当等の所得のある人は、所得の種類や金額の多少にかかわらず申告しなければなりません。

 ※個人で事業を行っている方の帳簿の記載・記録の保存について

 給与所得者・年金受給者は、通常申告する必要はありませんが、次の人は申告しなければなりません。

≪給与所得者について≫
 給与所得のみで年末調整済の人は、通常申告する必要はありませんが、 次の人は申告をしなければなりません。
 ・平成28年中に中途退職し、年末調整を受けていない人
 ・給与を2ヶ所以上から受けており、年末調整に含めてない給与分がある人
 ・支払者(事業所)からの給与報告が役場に提出されていない人


≪年金所得者について≫
 年金所得のみの人でも、次の人は申告をしなければなりません。
 ・年金から所得税を源泉徴収されている人
 ・農協・郵便局・保険会社等から個人年金を受け取っている人
 ・年金を2ヶ所以上(国民年金・厚生年金・共済年金等)から受けている人
 ・扶養親族等申告書を提出していない人。
 ・源泉徴収票に記載されているもの以外の所得控除(生命保険料控除・医療費控除など)を受ける人。


≪所得証明書等 発行希望者について≫
 所得がない場合でも、所得証明書や非課税証明書等の発行を今後希望する人は、所得がない事を確認するために申告する必要があります。

≪平成28年分から所得がなくなった人≫
 平成27年中まであった所得がなくなった場合(営業所得等がなくなった時)、その事を確認するために申告をお願いします。

≪その他≫
生命保険満期金等の一時金の支払いを受けた人は、申告する必要があります。
 

※ 生命保険の年金(年金保険)給付金は雑所得として、生命保険の満期一時金は一時所得として
課税対象となりますので、申告をお忘れないようにお願いします。
※ 所得税の確定申告を済ませた方は、町県民税等の申告は必要ありません。

【申告時に添付、または提示していただく書類について】
 申告前にもう一度ご確認ください。
≪給与所得≫ 源泉徴収票または賃金支払証明書
≪雑所得≫ 公的年金等の源泉徴収票
生命保険の年金(年金保険)の支払通知書(掛金の記載有)
≪営業所得、不動産所得、農業所得、漁業所得≫
  収支計算書や決算書など収支を明らかにする書類
≪一時所得≫ 生命保険の満期一時金の支払通知書(掛金総額の記載有)
≪譲渡所得≫ 売却した資産の所在地、譲渡価格、譲渡費用(必要経費)などのわかる書類
※収用の場合…収用等証明書・公共事業用資産の買取り等の申出証明書
           公共事業用資産の買取り等の申出証明書
≪社会保険料控除≫ 平成28年中に支払った掛金の証明書又は領収書
≪国民年金保険料控除≫
  日本年金機構から送付のあった控除証明書
≪個人年金、生命、地震保険料控除≫
  平成28年中に支払った掛金の証明書
≪医療費控除≫ 医療費の領収書、医療費の明細書(役場税務課又は税務署に設置しております。事前に記入作成をされてから申告してください。)
≪配偶者控除・扶養控除≫ 配偶者および扶養親族の個人番号(マイナンバー)がわかるもの


●マイナンバー(個人番号)について
 平成27年10月の番号法施行に伴い、平成29年度の申告からマイナンバー(個人番号)の申告書等への記載が義務化されました。
 申告の際は下記に示す番号確認書類・本人確認書類が必要となります。
※マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの方
・マイナンバーカードだけで番号確認および本人確認ができます。

※マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちでない方
・番号確認書類・本人確認書類の両方が必要です。
番号確認書類
・個人番号通知カード
・個人番号が記載された住民票などのうちいずれか1つ
本人確認書類
・運転免許証
・健康保険証  などのうち1つ
・パスポート


●所得税の確定申告について
 申告書等について相談されたい方は、佐世保税務署の申告相談会場をご利用ください。
 また、土地などを売られて譲渡所得がある方で、税務署から譲渡所得用確定申告書が送付されている方は、税務署へ直接、所得税の確定申告をしてください。
 詳しくは下記へ。
佐世保市木場田町2番19号 佐世保合同庁舎内
佐世保税務署(TEL:0956-22-2161)
※自動音声で案内します。
案内に従って番号をプッシュ(ダイヤル)してください。



税務署に行かなくてもインターネットで簡単に確定申告書が作成できます!
国税庁ホームページ( http://www.nta.go.jp)の「確定申告書等作成コーナー」
https://www.keisan.nta.go.jp/h28/ta_top.htm#bsctrl )で確定申告書を作成します。


作成した確定申告書のデータをA4の普通紙に印刷して、添付書類と一緒に役場か税務署に申告
作成した確定申告書のデータを「e-Tax」で送信

このページのトップへ

 
 


川棚町役場 税務課
〒859-3692 長崎県東彼杵郡川棚町中組郷1518-1 税務課直通TEL:0956-82-5413