TOP > 役場各課の連絡先 > 健康推進課 > 国保年金係 ●老人保健医療制度による医療の給付
■健康推進課 国保年金係
●老人保健医療制度による医療の給付

○医療費の窓口負担

すべての医療機関 外来 1割負担(一定以上所得者は3割負担)
入院 1割負担(一定以上所得者は3割負担)
※ただし、月額上限までの負担

入院時の食事代 1食260円

○医療費の支給申請
 コルセット等の治療補装具代がかかった場合(医師が必要と認めた場合のみ適用されます)、一部負担金を差し引いた額を支給する制度です。
 治療費の支払いが終わられたら、次の書類等を持参のうえ、健康推進課国保年金係の窓口へお越しください。

【添付書類等】
 ア.医師の証明書
 イ.見積書
 ウ.領収書
 エ.印かん
 オ.本人名義の通帳(郵便局以外)

○高額医療費の申請
 1ヶ月の医療費が表1の自己負担額を超えた場合は、その超えた分が高額医療費として支給されます。
 支給を受けるには一度申請をしなければなりません。該当者には役場から申請書を送付しますので、申請書を持って健康推進課国保年金係の窓口へお越しください。(一度申請しておけば自動的に申請した口座へ支給しますので、再度申請の必要はありません。ただし、負担区分等の変更により再度申請が必要な場合もあります。)

○入院時の一部負担金及び食事代の減額制度
 表1の(3)または(4)に該当する方は入院時の一部負担金及び食事代の減額が受けられます。申請書を提出していただくことで、限度額適用・標準負担額減額認定証を交付しますので、印鑑を持参のうえ、健康推進課国保年金係の窓口へお越しください。

自己負担限度額及び入院時食事代(表1)
負担区分 負担
割合
自己負担限度額(月額) 入院時
食事代
(1食当たり)
外来 外来+入院(世帯単位で計算)
(1)
一定以上
所得者
2割 44,400円 80,100円+(かかった医療費−267,000円)×1%
(4回目から44,400円)
260円
(2)
一般
1割 12,000円 44,400円
(3)
低所得II
8,000円 24,600円 210円
または
160円
(※注1)
(4)
低所得I
15,000円 100円
(1) 受給者もしくは同一世帯の他の受給者または、70歳以上の方の住民税課税所得が145万円以上の方
(2) 同一世帯に住民税が課税されている方
(3) 同一世帯の全員が住民税非課税の方
(4) 同一世帯の全員が住民税非課税で、世帯全員の所得が0円(年金収入は80万円以下)の方

※注1
 過去1年間の入院日数が90日を越える場合は1食あたり160円に減額。ただし、新たに申請する必要があります。

 
 


川棚町役場
〒859-3692 長崎県東彼杵郡川棚町中組郷1518-1 TEL:0956-82-3131